importfood
进口食品网 jp.importfood.net
   会社概要   業務内容   マーケティングネットワーク   投資協力   グローバルブランド   連絡先
  会社概要  

● 業界分析
中国がWTO加盟以来、この13億の人々を持つ巨大な市場は急成長を続けています。国家統計データによりますと、過去5年間中国の輸入食品は年間平均約15%を成長しています。輸入食品は優れた品質、健康栄養、独自の味、綺麗なパッケージ、異なる文化など、中国には各年齢層で受け入れています。特に若い世代は西洋の文化や生活様式の影響により輸入食品への親近感は非常に高い。
現在、中国ではいよいよ2010年の万博の開催を迎え、国内で輸入食品も大流行になるでしょう。アメリカ食品産業協会によりますと、中国は2018年までに世界最大の輸入食品消費国となり、その時、中国の輸入食品市場規模は4800億RMBまで達すと予測されます。つまり、これからの10年間、中国は輸入食品の急速発展期です。市場がよりオープンになりますと、中国の輸入食品消費量は、ある期間に爆破的に増加し、市場の未来は明るいです!

● 会社概要
"輸入食品網"http://www.importfood.netとは広東省汕頭市大倉貿易有限公司が経営するWebサイトです。このサイトは2007年2月設立し、高い技能、豊富な経験およびよいサービスで輸入食品業をリードするポータルサイトに急成長し、業界では高い評価と知名度を持っています。
現在、輸入食品網はプロのバイヤー及び食品の輸入業者の2つの専門家グループを持ち、現在登録企業会員は3万社以上あります。中国輸入食品バイヤーの約60%と、サプライヤー(エージェント)の80%を占め、日閲覧数は百万を達します。ユーザは100以上の国と地域をカバーします。輸入食品網の巨大なネットワークは世界の食品サプライヤー(エージェント)と中国のバイヤーが中国市場に参入する最高の架け橋とプラットフォームになります。
2009年には、物流の中心と世界有数の金融センターである上海に専門の卸し売りの食品流通センターを設置 -上海谷津科贸有限公司。各国の特色食品と、高品質、低価格及び良いサービスを提供し、中国各大都市の卸売センター、空港、ホテル、食品店やスーパーマーケットに卸売物流流通サービスを提供し、多くの信頼と支持を得ました。
5月には、業界をリードするブランドとして、輸入食品のネットワークの全体実力で業界で初めて国の審査基準を満たし、"中華人民共和国付加価値電気通信事業ライセンス"を獲得しました。
中国で拠点を持ち、世界にサービスを提供する。"輸入食品網"はあなたと協力と互恵、そして世界的グルメの普及と、世界食品産業の健全な発展を促進することを心から願っています。

 

中国ヘッドオフィス:广东汕头大仓贸易有限公司   電話:86-754-88485995   經營許可證:粤B2-20090174   粤ICP备07012519号